読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

報道されない「酵素サプリを続けたくなる理由」の悲鳴 現地直撃リポート

美容マニアがちょこちょこと書きためた美肌の情報を毎日書き出しています。

ヒマなので食事と健康の関係の知識を書いてみます。

素人ですが、サイトでみてみた情報では、「にんにくが持つ“ジアリルトリスルフィド”というものは、ガン細胞を弱くさせる機能があって、そのことから、にんにくがガン治療に大変効果を見込める食料品の1つと言われています。」だといわれているそうです。

最近は「60%の社会人は、仕事中に少なくとも何かのストレスが起きている、ということらしいです。そうであれば、それ以外の人たちはストレスとは無関係、という憶測になると考えられます。」と、解釈されているらしいです。

なんとなく書物で調べた限りでは、「基本的に栄養というものは、食物を消化・吸収する過程を通して身体の中に摂り入れられ、その後の分解や合成を通して、ヒトの成育や活動に必須のヒトの体独自の成分に変容されたもののことです。」と、いわれていると、思います。

例えば最近では「毎日の私たちの食事内容は、肉類などの蛋白質、または糖質が多い傾向になっているようです。そんな食事のスタイルを正しく変えるのが便秘の体質から抜け出す適切な手段です。」だと考えられているようです。

そうかと思うと、私は「身体はビタミンを作ることは無理で、食材として吸収することが必要で、不十分になると欠乏の症状などが、必要量以上を摂取すると過剰症などが発症される結果になります。」のように公表されているみたいです。

なんとなくサイトで探した限りですが、「ビタミンとは「少しの量で代謝における不可欠な効力を発揮するもの」であるが、ヒトの体では生合成が不可能な化合物で、少しの量で身体を正常に動かす機能を果たし、欠乏すると独自の欠乏症を招くようだ。」のように考えられているらしいです。

私がサイトで探した限りですが、「人体というものをサポートする20種のアミノ酸がある内、身体の内部で生成されるのは、10種類だと発表されています。あとの10種類は形成できず、食物などから取り入れ続けるしかないですね。」な、いう人が多い模様です。

ようするに私は「多くの人々にとって毎日の食事での栄養補給の中で、ビタミン、そしてミネラルが足りていないと、推測されているみたいです。その点を補填すべきだと、サプリメントを飲んでいる方たちがずいぶんいると聞きます。」のように公表されている模様です。

その結果、 サプリメントの服用については、現実的にその商品はどんな効き目を期待できるのか等の疑問点を、知るという心構えを持つこともポイントだといってもいいでしょう。」のようにいわれているとの事です。

私が文献で探した限りですが、「いまの人々が食事するものには、多く肉類を食べることから蛋白質や糖質が増え気味となっていると言います。こういう食事内容を考え直すのが便秘の体質から抜け出す入り口と言えるでしょう。」のように結論されていそうです。